測量、設計(建設コンサルタント)、補償コンサルタント、システム開発
ISOコンサルティング、Pマークコンサルティング
TEL/0791-63-1533                  


Home > モバイルマッピングシステムの紹介 IP-S2 Lite 3Dレーザースキャナー/360°パノラマVR

映像をマウスでドラッグすることにより全方位を見渡すことができます。



走行するだけで、画像から地理空間データを取得!
走行車両から360°全方位カメラ映像を撮影することができます。
GPS・CV技術により絶対位置を決定し、カメラ映像から位置情報やポリゴンを取得することが可能です。
画像上の任意点をクリックするだけで3次元座標が表示されます。
さらに任意の2点をクリックすると距離や高さ、面積が計測できます。
現地計測しづらい大きな交差点の計測確認にはかなり効果的です。
GISとの連動も可能です。

走行路線の360°動画を取得!


"Camera Vector Technology" CV技術

CV技術は全方位カメラ映像からカメラ位置を高精度に求める技術です。カメラ映像は連続したフレームの静止画の集合体になります。1フレーム毎に少しずつ異なった画像が並んでいます。1フレームの画像の中から複数の特徴点を抽出し、それをフレーム毎にトラッキングし、特徴点の変化から1フレーム毎のカメラの位置と姿勢を解析し、CV値(カメラベクトル値)を算出するアルゴリズムを持っています。
CV映像
各フレームに対応するカメラ位置(X,Y,Z)と姿勢(θx,θy,θz)を画像から取得
全フレームのカメラ位置と姿勢が決定できればカメラ映像はいつでも3D化が可能となります。撮影路線近傍の対象物の位置と形状を計測することが可能です。

機動性の高いシステム

センサーユニットは搬送ケースが用意されており、輸送・保管が容易です。観測したい場所で簡単に取付け素早くデータ収集を行う事ができる機動性に優れたシステムです。

画像による3D空間データがGISソフトに連動

GISソフトとの統合
データベース環境を共有することで作業がリンク。現実世界をGIS上に取込むことができます。
画面内の任意の3次元座標を計測
画像上の任意点をクリックするだけで3次元座標が表示されます。さらに任意の2点をクリックすると距離や高さが計測できます。
画像上で3D形状をトレース
画像や地図の中でポイント、ポリライン、ポリゴンをトレースし、空間情報として登録できます。
実写物のオブジェクト化
画像の中に写る実写物をオブジェクトとして登録・属性情報を持たせることが可能です。
任意グリッドモード
画面上の任意の3点を指定することにより、グリットを作成することができます。法面などの計測が可能です。
実写とCGを融合したシミュレーション
実写の画像の中へ作成したCGオブジェクトを追加でき、リアルなシミュレーションが可能です。

モバイルマッピングシステムが活用されている事例

道路標識等調査業務(現場状況が簡単に把握でき、横断歩道の計測にも使える)
道路現況映像管理システム作成業務(迅速な対応や状況把握などができる)
ゴルフ場のコース案内マップ

株式会社 トプコンより引用させて頂きました







  






このページの先頭へ

株式会社サンコム   〒679-4003 兵庫県たつの市揖西町小神162-6
TEL/0791-63-1533  FAX/0791-63-4179
Copyright (C) 2011 Suncom co.ltd. All Rights Reserved.